WEEKSを家計簿に活用する方法

おはようございます

いきなりすごいタイトルを付けてしまいましたが、先週から始めたばかりでまだまだ途中の段階ではありますが、先週の頁でご紹介します


WEEKSはサイズ感がちょうどいいと思ってるのですが、持ち歩けて(持ち歩いてませんがw)いつでも気軽に開けられるところが一番好きです


毎朝開いて起床時間やその日したこと、出来事を書いてたんですが、それをPLANNERに変えたことでPLANNERの役目だった家計簿代わりがこのWEEKSになったわけです

まず、週間頁に線を引いて3分割にします

そして一目で判るようにしたい費目を3分割のうちの2つ、残る1つの欄は大まかにまとめて書ける欄にします

私は前者に「食費」と「おこづかい」、後者に「日用品」として家の支払い関係全部として、一番色々と書くことが多そうな日用品を書きやすい真ん中に設定しました

※注意 7日の火曜日から開始していますので6日の内容は無視して下さい

で、あとはその日の欄に買ったお店(もしくは何代とか)と金額を記入します

クレジットで買うことが多いので©と書いてます

そこで週末に偏って買ったものが多い時にその欄では書ききれない事態になったりしますが、そこはキッチリその欄で収めたい方はストレスにならない程度の細かい字で書くのも自由だし、私は空いてる欄(日曜はひきこもりでネットで買い物もせず100%出費ナシ)に矢印付けて書くことにしました


「手帳に字を書くことを省きたい」って方はそうみえない(ご覧になって下さってる方は手帳大好き人間ですよね!)と思いますが、レシートをかなり溜め込んでたり、さすがに時間がない、超めんどくさいわ!って思うコンディションの日もあるかと思うので、店名を①にして金額だけ書いておいても大丈夫です


一番下のフリースペースは、費目毎の合計を書きます


字を細かくしても店名を番号にしても書けない場合(この時点でどんだけ買い物したん!てなりますがw)や、クレジット管理にカード会社別でフリースペースに書くのもいいですよね


そして次に右側のフリー頁活用法です

買ったお店、もしくは番号で書いたのは、ここで詳細が判るようになります

「何を買ったのか」それは「いくらだったのか」を書いておけば、後で見返した時に一目瞭然です

書き方は特にないので自由です

何を買ったのかまでは特に必要なければ、週間頁だけ簡単家計簿にして、フリー頁はその日の出来事を書いても・・・


ここで書き出してみて、完全に浪費だと思ったものにマイルドライナーで線を引いて戒めるって手もありますよね(笑)

WAONポイントや商品券を利用して現金支出がゼロなら書かなくてもいいけど、書いておけば何をタダで買ったのかも判りますw


こんな感じで続けられたらいいなぁと・・・

今後、改善して更に使いやすくなったり、残るマンスリー頁も次回記事で・・・


ワイドなショーを観ながら書いてたら2時間近く掛かってしまった(汗)

conatsu. LOG

写真を撮るのが好きな、こだわりのB型でーす。

0コメント

  • 1000 / 1000