PILOT キャップレスデシモ

金曜日が給料日だったけど、毎月のお小遣いをover気味なぐらい買っても買っても物欲が収まりません(汗)


で、なんですが

万年筆は、きちんとしたもの(私の中で1万を超えるやつw)でプラチナに続き2本目になるものを買ってしまいました


そ・れ・は

キャップレスの万年筆『デシモ』です


デシモと聞いた時、すぐに受け入れられませんでした

デシモ?

なぜデシモ?

みたいな(どーでもいいw)


デシモ(decimo)スペイン語で10番目を意味して、キャップレス万年筆の10代目モデルだそうです

最初は即決出来るデザインではないなぁというのが率直な意見でした

だってペン先がペンホルダーの方にあるんだもの・・・

一言で「邪魔くさい」ですw

(この構造は、きちんとした持ち方が出来るとかどこかで読んだ気がします)

でもノック式を知った時は、斬新で気楽に使えそうと思ったのは確か

それで、踏み切ってAmazonでポチりました


ただ・・・

ただですよ

極細にしたんですが書いてみると思ってたより太くて

思わずビミョーと書いてしまったぐらい

今週の見開き頁の一番左に「しいたけ占い」を書いてみて、一気に嫌気がさしました(笑)

今主に使ってるのがプレピーの0.2で、プラチナも超極細なんで余計かもしれません

超極細がなかったので極細にしたんだけど、私ってなんでこんなにこだわるんだろって自分にも嫌気が(笑)


いやいや~

決して安い買い物ではないのよ(31%OFFだけどね)

それにキャップレスという利点を活かさないわけにはいかない!

絶対使い勝手いいハズ!


で、PILOTと言えば色彩雫(俗に言うインク沼にハマるやつ)という全24色ですかね

万年筆専用の瓶入りインクがあるんですけど、それとコンバーターを買ってブルーブラックじゃなくて太さを淡い色で感じさせない作戦に出ようとしたのですが、残念ながら近くの文房具屋には色彩雫は置いてありませんでした

なので仕方なくブルーを買ってきました

私はおもむろにブルーブラックのカートリッジインクを抜いてブルーを差し、いつブルーに変わるかな~的にみみずを数匹w

その後いつまで経ってもブルーに変わってるのかさえわからないまま、らちがあかなかったので一旦終了しました


こんな感じなので、色彩雫をご紹介する日は恐らく近いでしょうねw



conatsu. LOG

写真を撮るのが好きな、こだわりのB型でーす。

0コメント

  • 1000 / 1000